人気車の新車値引き情報と独断評価・格付け!

くるま情報プレミアム

新型N-BOXの限界値引き

N-BOX

N-BOXの値引き最大額は?ホンダ新型N-BOX・カスタムの見積書&マル秘限界値引きテク【2019年7月】

更新日:

ホンダN-BOX(エヌボックス)を少しでも安くたい!

新車値引マスター
人気のN-BOXの最大値引き獲得方法を、新車値引マスターが徹底検証するよ
そんな時に一番気になることは次の点でしょうか。

・ホンダN-BOXの限界値引きはいくらなのか?

・ホンダN-BOXの値引きのコツはあるのか?

実際にN-BOXの値引きに成功した人や、知り合いの車関係者、雑誌やネットの情報をまとめてみました。

そこからわかった値引き相場や値引き交渉のコツを紹介していきますのでぜひ参考にしてください。

 

ホンダN-BOX(エヌボックス)・カスタムの値引き目標最大額【2019年7月】

■値引き目標令和1年7月■

・目標値引き総額   20万円

・本体値引き     18万円

・オプション値引き  3万円程度

・納   期     1~2か月

国内での販売状況は常にNo.1と好調ホンダN-BOXですが、値引きの方は少しずつ出るようになってきています。

ダイハツタント、スズキスペーシア、日産デイズルークスなど他社の強力ライバルよりも自分たちのN-BOXが優位だと思っているため、相見積もりもあまり効果がありません。

最近フルモデルチェンジしたダイハツタントを対抗軸に、スズキスペーシア、日産デイズルークスをうまく競合させます。

親会社の異なるホンダディーラーを対決させのが、値引き獲得に一番近い方法です。

 

ホンダ新型N-BOX・カスタムの基本値引き交渉マニュアル

1.ライバル車種を2車以上競わせる

ライバル車種:ダイハツタント、スズキスペーシア、日産デイズルークスなど強力ライバルがひしめいています。

2.別会社のホンダディーラー同士で競わせる

経営が違うホンダカーズ東京中央とホンダカーズ東京北を競合させます。

3.下取り車の年式・グレード・走行距離をチェックする

その他に車検証で車検満了日、自動車税納税証明書があるか確認します。

4.面倒ですが、下取り車の査定額はネットで必ず確認しておく ネットですぐに下取り価格が把握できるので、査定額の目安を頭に入れておきます。

⇒ 今すぐ無料で車の査定額を見てみる

 

【第1回目】N-BOXの第1回目値引き交渉

初回から値引きを強く要求すると営業マンはドン引きでなので、値引き交渉は2回目からにしましょう。 いい人だから助けてあげたいと営業マンに思わせると、良い条件も出やすくなります。

  1. 他車も気になっていることをさりげなく伝えます。
    タントやスペーシアも気になるんだけど、ノートはスタイルもいいし、燃費も魅力的だよね。
  2. 本命の車が何かは言わないでおく
    僕はノートがいいかなと思っているんだけど、妻が(家族が)スペーシアがいいって言うんだよね。
  3. 値引き額と下取り額は口頭ではなく、必ず見積書に記載してもらいましょう。

 

【第2回目~最終】N-BOXの第2回目~最終値引き交渉

最後の仕上げでは粘り強く条件を引き出します。

  1. 最終交渉はディーラーゆったり値引き対応できる、平日や休日の夕方以降にセットする。
  2. キリのいい数字で、「総額で○○万円になるなら契約します」と頼みましょう。
    200万でお願いします!
  3. 納車時ガソリン満タンを要望する。
  4. 好きなオプションをサービスしてくれたら契約すると駆け引きする。
  5. 登録手数料のサービス・半額を要求する。
  6. ローンの金利キャンペーン(現在なら1%~2%台がねらい目)がある時に契約する。

 

【見積書公マル秘開】実際のN-BOX・カスタムの値引き体験談をマスターが辛口チェック

新車値引きマスター
ホンダN-BOXの商談情報を公開してくれた、Aさんに聞いてみます。
N-BOXで狙っているグレードは何ですか?
Aさん
本気で欲しいのはカスタムのG・L Honda SENSINGですが、予算を考えれば現実的には通常モデルのG・L Honda SENSINGになると思います。

Aさんが商談で取得した見積書をチェックしましょう。

【見積書】N-BOX通常モデル「G・L Honda SENSING」の値引き額

N-BOXの商談見積書

通常モデルの G・L Honda SENSINGの商談見積書

グレードN-BOX G・L Honda SENSING(税込み)
車両本体価格1,499,040円
オプション価格315,576円
諸費用246,686円
支払総額2,061,302円

まずは通常モデルのG・L Honda SENSINGの商談見積書を見てみましょう。

車両価格が約150万円に対して総支払額が206万円!とは、結構高くなっちゃうんですね。

Aさん
ナビとプレミアムガラスコーティング点検パックなどでオプションが31万5千円位なってしまいました⤵。
商談が進み値引き額の提示を受け、値引きは約127,000円(総支払額1,934,000円)とのことでした。
オプションで12万円無料キャンペーンがつくので値引きはこれが精いっぱいに近いらしいです。

 

【見積書】N-BOX「カスタムG・L Honda SENSING」の値引き額

N-BOXカスタム見積もり

N-BOXカスタムG・L Honda SENSINGの見積もり

次に本命のカスタムG・L Honda SENSINGです。

Aさん
こちらも先ほどとほぼ同じオプションをつけて31万7千円ほどの追加価格で、支払総額は226万円になっています。
通常モデルの値引きは127,000円でしたが、カスタムもほぼ同じ約127,000円(総支払額2,139,000円)とのことでした。
Aさん
「N-BOX購入を今日決めていただけるなら、上司に相談して勉強させていただきます」と言って契約を急がれました。
かなり心が動きましたが、値引きマスターの言う通り。「前向きに検討するので少し考えさせてくれ」といって帰りました。

 

新車値引きマスター
ホンダの営業マンがこれ以上の大幅な値引きは無理のようなことを言っていますが、9割がたウソなので気にしないでください。
「オプション無料キャンペーンなので値引きできない」もセールストークの面があります。
ライバル車をぶつけて、もうひとがんばり、20万円引きを狙いましょう!

 

N-BOX・N-BOXカスタムを残価設定プランで購入した場合のシミュレーション

N-BOX・N-BOXカスタムをホンダの残価設定型クレジットで購入すると、どのような支払いになるのでしょうか?
シミュレーションしてみましょう。

『N-BOX G・L Honda SENSING』の残クレシミュレーション結果

まずはN-BOXのベースグレードにホンダ自慢の安全装置を装備した『N-BOX G・L Honda SENSING』で残クレ購入時の支払いシミュレーションをしてみましょう。

グレードN-BOX G・L Honda SENSING
車両本体価格149万9040円
オプション装備価格31万5576円
諸費用24万6686円
支払い総額206万1302円
値引き12万7302円
値引き後の支払い総額193万4000円
頭金0円
ローン総額193万4000円
残クレのプラン36回払い

(3年)

60回払い

(5年)

金利3.5%3.5%
初回の支払い額3万9201円2万9792円
2回目以降の毎月支払い額3万7400円2万7100円
最終回の支払い額(=残価)76万5720円55万3020円
金利を含むローンの支払い総額207万6521円215万4612円

N-BOX G・L Honda SENSINGはベースグレードということもあって車両本体価格は抑えめ。

月々の支払いも3年で3万7400円、5年で2万7100円となっており、無理なく人気のN-BOXに乗ることができるプランになりました。

 

『N-BOXカスタム G・L Honda SENSING』の残クレシミュレーション結果

続いてはN-BOXカスタムのユーザーのうち37%が選んでいる、ベースグレードにして大人気車の『N-BOXカスタム G・L Honda SENSING』の残クレシミュレーションです。

グレードN-BOXカスタム G・L Honda SENSING
車両本体価格169万8840円
オプション装備価格31万7682円
諸費用24万9236円
支払い総額226万5758円
値引き12万円6758円
値引き後の支払い総額213万9000円
頭金0円
ローン総額213万円9000円
残クレのプラン36回払い

(3年)

60回払い

(5年)

金利3.5%3.5%
初回の支払い額4万1450円4万4501円
2回目以降の毎月支払い額4万0900円3万8100円
最終回の支払い額(=残価)86万5620円53万4470円
金利を含むローンの支払い総額229万7670円278万8771円

こちらは総支払い額が200万円を超えているため、残クレを利用しても3年プランの月々の支払い額は4万円オーバー。

5年プランでも3万8000円とコンパクトカーなみの支払いになるので「低コストを最優先」というユーザーにとっては負担が重すぎる感があるでしょう。

また、前記のN-BOXとこのN-BOXカスタムは金利がともに3.5%となっています。

ホンダは残クレのキャンペーンで特別金利1.9%を適用することがあり、この違いだけで総支払い額が5~10万円近く変わることもあります。

特別低金利のキャンペーンは見逃さないようにしたいですね。

 

ホンダN-BOX(エヌボックス)・カスタムの未使用車・中古車情報

どっちを選ぶ? N-BOXかN-BOXカスタムか

N-BOXどっちを選ぶ?左:カスタム 右:通常モデル

2017年のフルモデルチェンジからコンスタントに人気のN-BOXですが、うれしいことにこの新型N-BOXの未使用車は相当数出ています

N-BOXの新車商談にあっては、未使用車・高年式の中古車もチェックして、よりお得な方を選びましょう‼

⇒ N-BOXの未使用車・中古車を探す【無料】

※ズバット車販売 中古車無料お探しサービスは、プロが非公開車両を含む膨大な車両情報から、希望の中古車を探してくれるサービスです。

 

【ライバル競合作戦】N-BOXのライバル車と競わせ値引きアップ

新車値引マスター
商談では面倒くさがらずに、に必ずライバル車を最低2、3車ぶつけて値引きを引き出すことは必須です。

 

N-BOXの強力なライバルとして、ダイハツタント、スズキスペーシアと日産デイズルークスをぶつけましょう。

ライバル車①ダイハツタント

 

ダイハツの人気車種タント

お互いに強いライバル意識がある、N-BOXとダイハツタント。商談では必ず勝負させます。

タントは2018年中にフルモデルチジが予定されており、値引き幅拡大中なので、価格面でN-BOXよりも心が傾いていることを伝えます。

⇒ タントの値引き情報

 

ライバル車②スズキスペーシア

スズキスペーシア

これまでこのクラスで地味な存在であったスズキのスペーシアが新型登場で売れています。

軽自動車の王者スズキの攻撃には、さすがのN-BOXもうかうかしていられない状況なので、効果的に競合させましょう。

⇒ スペーシアの値引き情報

N-BOXを検討している人は、やはりスズキスペーシアも比較している人が多いようです。

新車値引きマスター
N-BOXとスペーシアは同じクラスのライバルですが、価格においてはスペーシアの割安感が目立ちます。

下記の価格比較表でN-BOXとスペーシアのグレードと価格を確認ください。

価格帯N-BOXスペーシア
180万円~200万円●N-BOX Custom G・EX ターボ Honda SENSING 1,949,400円

●N-BOX Custom G・L ターボ Honda SENSING 1,895,400円

● G・EX ターボ Honda SENSING カッパーブラウンスタイル 1,848,960円

160万円~180万円●G・L ターボ Honda SENSING カッパーブラウンスタイル 1,789,560円

●N-BOX Custom G・EX Honda SENSING 1,752,840円

●G・EX Honda SENSING カッパーブラウンスタイル 1,749,600円

● G・EX ターボ Honda SENSING 1,749,600円

●N-BOX Custom G・L Honda SENSING 1,698,840円

●G・L Honda SENSING カッパーブラウンスタイル 1,689,120円

●N-BOX G・L ターボ Honda SENSING 1,695,600円

 

●HYBRID XS ターボ 1,787,400円

●HYBRID XS 1,690,200円

140万円~160万円●N-BOX G・EX Honda SENSING 1,596,240円

●G・L Honda SENSING 1,499,040円

●G・Honda SENSING 1,385,640円

 

●HYBRID GS 1,576,800円

●HYBRID X 2トーンルーフパッケージ装着車1,533,600円

●CUSTOM HYBRID GS 衝突被害軽減ブレーキ非装着車 1,517,400円

●HYBRID X 1,468,800円

120万円~140万円●HYBRID G 1,333,800円

●HYBRID G 衝突被害軽減ブレーキ非装着車1,274,400円

 

ライバル車③日産デイズルークス

デイズルークス

N-BOXとダイハツタントと、この日産デイズルークスで軽自動車市場のかなりの部分を占めています。

日産デイズルークスは2016年の12月にマイナーチェンジがあり、安全性とデザインに磨きがかかっています。

その高い商品力をほめながらも、ホンダN-BOXと迷っていることを伝えて、さらに値引きを引き出しましょう。

⇒ デイズルークスの値引き情報

面倒でも商談前には車の査定額を出しておく

新車値引きマスター
ディーラーに行く前に、下取りしてもらいたい車の一般的な下取り価格を把握しておきましょう。 これをしないとディーラーで安く叩かれてしまいます!

商談での一コマ

営業マン
山田さん、お車の査定が完了しました
営業マン
山田さんの愛車の下取り査定額は53万円です 今キャンペーン中で通常よりも3万円査定アップで下取りますよ。
山田さん夫
53万円・・・。 なるほど・・・
山田さん妻
ちょとあんた、何をぼっとしてるの‼ 査定53万円って、高いの?安いの?どっちよ
山田さん夫
高いのか、安いのかよくわからんぞ! やっぱ、商談前に下取り車の査定はすべきだった・・・・
新車値引きマスター
車の下取りというのは、意外と値段がつくものです
  • 自分の車はとても古いので無理だろう
  • 昔ちょっと事故したことがあるからきっとゼロ円に違いない
と決めてしまうのはもったいないことです。 ディーラーに行く前に、必ず下取りしてもらいたい車の一般的な下取り価格を把握しておきましょう。

 

 

⇒【完全版】元ディーラー営業マンが教える新車値引きテクニック

 

オプションは純正ではなく社外品にして安く済ませよう

大幅値引きを実現するには、車両本体価格とオプション品の値引きだけでは足りません。

純正オプションと同等の性能でもっと安い社外品のオプションを装備することで、さらなる大幅な値引きを狙いましょう。

カーナビは純正をお断りして社外品を導入

純正から社外品に交換することで大幅な値引きを実現できる代表的なオプションが『カーナビ』です。

N-BOX/N-BOXカスタムの純正ナビは、もっともグレードの低いものを選ぶとケンウッドのエントリーインターナビVXM-194Ciで、ナビ本体の価格は10万5840円。

バックカメラや安全装置『リアカメラdeあんしんプラス2』の追加、取り付け工賃などを含めると合計14万7652円になります。

純正ナビをお断りして同じケンウッドの社外ナビ『彩速ナビMDV-M705』にすれば、本体価格は6万0817円。

社外品のバックカメラなら5980円で購入できるので、社外品の合計は6万6797円。

ナビとバックカメラの取り付け工賃が3万円だとすると合計は9万6797円になり、純正よりも5万0855円の値引き効果があります。

 

サイドバイザーは社外品を装備する

N-BOX/N-BOXカスタムの純正サイドバイザーはスクエアデザインが特徴的な専用のワイド型アクリルバイザーで、お値段は1万6200円です。

N-BOX/N-BOXカスタムの規格にあわせて作られた専用の社外品は、形状や素材まで純正と同等で6590円で販売されています。

純正と社外品の差は9610円で、約1万円の値引き効果があります。

 

フロアマットもおしゃれな社外品を装備

N-BOX/N-BOXカスタムの純正フロアマットは3種類のグレードが用意されています。

・スタンダートタイプ…1万7280円
・プレミアムタイプ…2万4840円
・デザインタイプ…3万6720円

デザインタイプには、厚みのあるシックなブラウンの『バーガンディ』、パステル調のストライプが可愛らしい『北欧スタイルコレクション』、芝生調のグリーンの中に人気キャラがあしらわれた『バーバパパコレクション』の3種類がラインナップされています。

せっかくなのでおしゃれなデザインを選びたいかもしれませんが、社外品にもカラー・デザインが豊富な外見重視のものが9180円で販売されています。

フロアマットを純正から社外品に替えれば、8100~2万7540円の値引き効果になります。

オプション3点を社外品で済ませることで、次の表のとおりの値引き効果を得られます。

純正品の価格社外品の価格差額
カーナビ周辺14万7652円9万6797円-5万0855円
サイドバイザー1万6200円6590円-9610円
フロアマット1万7280円~

3万6720円

9180円-8100~2万7540円
値引き効果の合計-6万8565~-8万8005円

交渉の段階では本体・オプションの値引き額が12万円程度しか引き出せないのだとすれば、6~8万円の値引き効果は非常に大きく感じるでしょう。

 

N-BOX/N-BOXカスタムの価格とグレード別の残価率

現行モデルのN-BOX/N-BOXカスタムの全グレードと新車価格、各グレード別の3年後・5年後の残価率を一覧表で見てみましょう。

現行のN-BOX/N-BOXカスタムは2017年にフルモデルチェンジした2代目で、軽自動車では初となる『Honda SENSING』の実装など軽自動車の枠組みを超えるグレード展開をみせています。

また、2018年11月には外装デザインと内装を高級感あふれる仕様に変更した『カッパーブラウンスタイル』を発売するなど、まだまだ中古車市場での評価は未知数の部分が多くあります。

ここで公表している3年後・5年後の買取相場と残価率は、先代の同等グレードのバリューや1年未満の市場価格も含めての予想値です。

グレード新車価格3年後5年後
買取相場残価率買取相場残価率
660 G131万5440円75万円57.0%56万円42.5%
660 G Honda SENSING138万5640円83万円59.9%62万円44.7%
660 G・L142万8840円84万円58.8%68万円47.6%
660 G・L

Honda SENSING

149万9040円87万円58.0%72万円48.0%
660 G・EX152万6040円87万円57.2%70万円45.8%
660 G・EX

Honda SENSING

159万6240円92万円57.6%74万円46.3%
660 G・Lターボ

Honda SENSING

169万5600円97万円57.2%78万円46.0%
660 G・EXターボ

Honda SENSING

174万9600円108万円62.0%84万円48.0%
660 G・L

Honda SENSING

カッパーブラウンスタイル

168万9120円99万円58.6%87万円51.5%
660 G・EX

Honda SENSING

カッパーブラウンスタイル

174万9600円104万円59.4%91万円52.0%
660 G・Lターボ

Honda SENSING

カッパーブラウンスタイル

178万9560円110万円61.4%94万円52.5%
660 G・EXターボ

Honda SENSING

カッパーブラウンスタイル

184万9560円114万円61.6%102万円55.1%
カスタム G・L159万6240円105万円65.7%89万円55.7%
カスタム G・L

Honda SENSING

169万8840円118万円69.4%97万円57.1%
カスタム G・EX168万2640円108万円64.2%92万円54.6%
カスタム G・EX

Honda SENSING

175万2840円121万円69.1%99万円56.5%
カスタム G・Lターボ

Honda SENSING

189万5400円123万円64.9%103万円54.3%
カスタム G・EXターボ

Honda SENSING

194万9400円146万円74.9%107万円54.8%

人気車のため全体的に残価率は高めですが、特にN-BOXではターボ装備車のバリューが高く維持される傾向があります。

加えて軽自動車には初となるHonda SENSINGを装備したことで、G・LターボHonda SENSING、G・EXターボHonda SENSINGの残価率は非常に高くなるものと予想されます。

2018年登場のカッパーブラウンスタイルも同じくターボ・Honda SENSING搭載モデルが人気を維持するのは確実です。

N-BOXカスタムは全体的にN-BOXよりも残価率が高く、3年後は60%以上、5年後でも50%以上の高バリューを維持するでしょう。

年式が古くなっても走行距離が1年につき1万㎞以内であれば、N-BOXでは40%台、N-BOXカスタムでは50%台を維持できるので、どのグレードを選んでも他のライバル車より再販価値が高いのは間違いないといえます。

 

N-BOX/N-BOXカスタムの最新モデルチェンジ情報

現行のN-BOX/N-BOXカスタムは2017年にフルモデルチェンジしたばかり。

2019年中は小規模なマイナーチェンジがあったとしてもフルモデルチェンジの可能性は低いでしょう。

ただし、2019年末には最大のライバルといわれるダイハツ『タント』のフルモデルチェンジがあると予想されています。

新型タントはトヨタのEV技術を前進させたハイブリッド車も登場する見通し。

N-BOX/N-BOXカスタムにはハイブリッド車が存在していないため、この差を埋めるマイナーチェンジ・フルモデルチェンジがおこなわれる可能性も否定はできないでしょう。

 

-N-BOX

Copyright© くるま情報プレミアム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.