人気車の新車値引き情報と独断評価・格付け!

くるま情報プレミアム

日産ノートの限界値引き情報

ノート

ノートの値引き最大額は?日産新型ノート(e-POWER)の見積書&目標値引きテク【2019年11月】

ノートはトヨタのアクア・プリウスをおさえて販売台数第1位の座を獲得し、日産としては悲願のトップセールスを獲得しました。

新車値引マスター
そんなノートの最大値引き獲得方法を、新車値引マスターが徹底検証するよ

 

日産新型ノートの値引き目標最大額【2019年11月】

■ノートの値引き目標■

・目標値引き総額   28 万円

・本体値引き     25万円

・オプション値引き  3万円程度

・納   期     1~2か月

日産のドル箱であるノートは相変わらず好調なセールスを記録しており、黙っていても「ノートが欲しい!」と客が集まってくる状態です。

しかし、アクア、ヴィッツ、フィットなど強いライバルがたくさんあるため、ノートも値引き額を大きくして販売競争しています。

人気のノートe-POWERにはアクアとヴィッツのトヨタハイブリッド勢とホンダフィットハイブリッドをぶつけるのが定石です。

これらのライバルを効果的に駆使して、総額28万円値引きを目指しましょう!

親会社が異なる日産ディーラーでノートを競合させることも忘れずに!

 

ノートの基本値引き交渉マニュアル

ノートモードプレミア

出典:日産公式HP

1.ライバル車種を2車以上競わせる

ノートのライバル、トヨタビッツ、アクア、ホンダフィット、マツダ2あたりとぶつけます。

2.別会社の日産ディーラー同士で競わせる

経営が違う東京日産自動車販売株式会社日産自動車販売株式会社を競合させます。

3.下取り車の年式・グレード・走行距離をチェックする

その他に車検証で車検満了日、自動車税納税証明書があるか確認します。

4.面倒ですが、下取り車の査定額はネットで必ず確認しておく

ネットですぐに下取り価格が把握できるので、査定額の目安を頭に入れておきます。

⇒ 今すぐ無料で車の査定額を見てみる

 

【第1回目】ノートの第1回目値引き交渉

初回から値引きを強く要求すると営業マンはドン引きでなので、値引き交渉は2回目からにしましょう。

いい人だから助けてあげたいと営業マンに思わせると、良い条件も出やすくなります。

  1. 他車も気になっていることをさりげなく伝えます。
    フィットも気になるんだけど、ノートはスタイルもいいし、燃費も魅力的だよね。
  2. 本命の車が何かは言わないでおく
    僕はノートがいいかなと思っているんだけど、妻が(家族が)ヴィッツがいいって言うんだよね。
  3. 値引き額と下取り額は口頭ではなく、必ず見積書に記載してもらいましょう。

【第2回目~最終】ノートの第2回目~最終値引き交渉

最後の仕上げでは粘り強く条件を引き出します。

  1. 最終交渉はディーラーゆったり値引き対応できる、平日や休日の夕方以降にセットする。
  2. キリのいい数字で、「総額で○○万円になるなら契約します」と頼みましょう。
    200万でお願いします!
  3. 納車時ガソリン満タンを要望する。
  4. 好きなオプションをサービスしてくれたら契約すると駆け引きする。
  5. 登録手数料のサービス・半額を要求する。
  6. ローンの金利キャンペーン(現在なら1%~2%台がねらい目)がある時に契約する。

 

【見積書公マル秘開】実際のノートの値引き体験談をマスターが辛口チェック

新車値引きマスター
新型ノートの商談情報を公開してくれた、Aさんに聞いてみましょう。 今回の買い替えの経緯を教えてください。
Aさん
今乗っているマーチが9年たったため、街中でよく見かけていいなと思ったノートを検討しています。
新車値引きマスター
ノートで狙っているグレードは何ですか?
Aさん
特にこれといったものはなくe-POWERで値段を見て、自分にとってあまりに高いようならノーマルエンジン車でもいいと思います。

Aさんが商談で取得した売れ筋のノート「X」の見積書をチェックしましょう。支払総額は232万円!結構お高いですね。

【見積書】ノート「X」の値引き額

ノートx値引き

ノートXは22万円値引きを提示されました

グレードノート「X」(税込み)
車両本体価格1,702,080円
オプション価格330,475円
諸費用289,044円
支払総額2,321,599円
Aさん
中間グレードの「X」にナビ等のオプションを付けたものですが、ベーシックパックというオプションだけで5万円もします。
プラスチックバイザー、ナンバープレートのフレーム、プラスティックバイザーなどがセットになったものですが、要望もしていないのに勝手につけられていました。
総額232万円でしたが210万円(22万円値引き)までは行けますといわれました。ただし、値引き額は見積書には記入できないといわれました。

見積書には日産のメンテナンスプログラムであるメンテプロパックが96,600円とあります。

これは6か月ごとの定期点検とオイル交換などを60か月、しかも車検1回の基本料までサポートされるので、長期的にはかなりお得です。

【見積書】ノート「e-POWER X」の値引き額

新車値引きマスター
続いてe-POWERの見積書をチェックします。

グレードはあこがれのe-POWER売れ筋「X」です。

e-POWER値引き額

e-POWER値引き額は?

グレードノート「e-POWER X」(税込み)
車両本体価格2,199,960円
オプション価格331,555円
諸費用1230,944円
支払総額2,762,459円

276万円と予想通り高めの総支払額が出てきました。

Aさん
値引きは見積書には書けないが、総額250万円(26万円値引き)は出せるということでした。
「ノートに決めてもらえるなら、上司に相談してもう一声、いい決裁をとります」と言われました。
かなり心が動きましたが、値引きマスターの言う通り。「前向きに検討するので少し考えさせてくれ」といって帰りました。
新車値引きマスター
日産の営業マンがこれ以上の値引きは無理のようなことを言っていますが、9割がたウソなので気にしないでください。
発売当初は値引きがかなり渋かったノートe-POWERですが、かなり頑張ってくれるようになりました。
(アクアなどの)ライバル車をぶつけて、もうひとがんばり、できれば30万円引きを狙いましょう!

 

ノートを残価設定ローンで購入した場合のシミュレーション

ここ数年で急激に普及してきた残価設定型クレジット、いわゆる『残クレ』ですが、日産の公式ホームページでは「ノートなら月々3500円~」という触れ込みでユーザーの獲得に役立っています。

ちなみに、日産の残クレでは、返済期間を3年・4年・5年に設定し、さらに走行距離を1000㎞/月・1500㎞/月で分けて設定することができます。

ノートXの残クレシミュレーション

ノートのベースとなるグレードである『S』に後席プライバシーガラスなどの快適装備をプラスした『X』は、ノーマルエンジン仕様のノートの中でも売れ線のグレードです。

まずはノートXの残クレプランをシミュレーションしてみます。

グレードノートX 2WD
車両本体価格170万2080円
オプション装備価格33万0475円
諸費用28万9044円
支払い総額232万1599円
頭金0円
値引き22万1599円
ローンの総額210万円
残クレのプラン36回払い

(3年)

60回払い

(5年)

金利4.9%4.9%
初回の支払い額5万1389円4万3820円
2回目以降の毎月支払い額4万8900円3万4600円
最終回の支払い額(=残価)58万6000円35万9000円
金利を含むローンの支払い総額247万1119円258万0750円

ノートXを頭金0円、値引き後の価格210万円で残クレプランを利用して購入した場合のシミュレーション結果は、月々の支払いが3年で月々4万8900円、5年で月々3万4600円になりました。

「月々3000円~」という触れ込みからは程遠い支払い額になりましたが、どうやら月々3000円というプランは約50万円程度の頭金があって実現できるプランのようです。

さらにこのシミュレーション結果は1000㎞/月プランですが、1500㎞/月になると3年で月々5万0900円、5年で月々3万5900円となり、若干ですが負担が増します。

 

ノートe-POWER Xの残クレシミュレーション

次は人気のノートe-POWERです。

先ほどと同じくベースグレードに快適装備を追加したe-POWER Xでシミュレーションしてみましょう。

グレードノートe-POWER X 2WD
車両本体価格219万9960円
オプション装備価格33万1555円
諸費用23万0944円
支払い総額276万2459円
頭金0円
値引き26万2459円
ローンの総額250万円
残クレのプラン36回払い

(3年)

60回払い

(5年)

金利4.9%4.9%
初回の支払い額5万5850円4万6100円
2回目以降の毎月支払い額5万2300円3万7300円
最終回の支払い額(=残価)92万0000円69万0000円
金利を含むローンの支払い総額287万8820円302万4270円

ノートe-POWER Xを残クレで購入した場合、3年で月々5万2300円、5年で月々3万7300円の支払いとなります。

やはりホームページやチラシなどでみかける「ノートe-POWERが月々3500円~」というのは頭金を支払った上での低価格であり、頭金なしのフルローンで購入するとこの程度の負担は避けられません。

 

特別金利のキャンペーンを狙うべし!

日産では残クレによる販売台数の増加を狙って「1.9%特別低金利」のキャンペーンを展開することがあります。通常期が4.9%なのでその差は3%。

支払い総額も272万2643円となり、最終的に15万円以上の差になるのですから見逃せません。

同じ車を購入するなら、少しでもお得な金利で購入できるタイミングを狙いたいですね。

 

ノートの未使用車・中古車情報

ノートe-POWER NISMO

ノートe-POWER NISMO

出典:日産公式HP

ノート未使用車の市場流通量 「少な目」

ノートの未使用車はそれほど出回っていません。ガソリン車よりもむしろe-POWERの方が探しやすいいのが現状のようです。

また、未使用車だけでなく、ノートの高年式の低距離走行車も視野に入れて探してみるのもよい選択です。

⇒ ノートの未使用車・中古車を探す【無料】

※ズバット車販売 中古車無料お探しサービスは、プロが非公開車両を含む膨大な車両情報から、希望の中古車を探してくれるサービスです。

 

【ライバル競合作戦】ノートのライバル車と競わせ値引きアップ

ノートで最大限の値引きを引き出すなら、営業マンにライバル車の購入も視野に入れていることをアピールするべきです。

日産のショールームに出向く前に、まずはライバル車の見積書を手に入れておくことをおすすめします。

ここでは、ノートのライバル車を紹介しましょう。

大本命ライバルはトヨタ『アクア』

ノートのライバルとして大本命になるのがトヨタのハイブリッドカー『アクア』です。

販売台数は月によってはアクアが勝ることもあるほどですから、ノートとアクアはバチバチのライバル関係。

特にノートe-POWERの購入を考えている方なら、アクアを引き合いに出すことで営業マンが燃えるので値引きを引き出しやすいでしょう。

新車の販売価格も同等なので、ノートの中でもお目当てのグレードにあわせてアクアの見積もりをゲットしておくのがコツです。

⇒ アクアの値引き情報

 

トヨタアクア/ヴィッツ

出典:トヨタ公式HP

トヨタの強敵アクアヴィッツ。ノートよりもクラスは一つ下になりますが、両車ともノートの好敵手です。

ノートe-POWERにはアクアとヴィッツのトヨタハイブリッド勢をぶつけるのが定番です。

⇒ ヴィッツの値引き情報

 

ホンダ『フィット』もライバル車に最適

フィットの目標値引き情報

コンパクト&低燃費というジャンルを確立したベンチマーク的な存在の車といえば、ホンダ『フィット』です。

特に若い世代に人気が高いスポーティーなデザインと走行性を誇るフィット。

現行モデルではハイブリッド仕様が追加されているほか、安全装置の『Honda SENSING』も装備されているため、ノートe-POWERと比較する材料がたっぷりです。

ホンダも日産と同じく残クレの特別低金利を実施することがあるので、ホンダのみが低金利を実施しているタイミングでは「トータルでフィットのほうが安くなるから…」と具体的な比較を引き合いに出してみるのも有効でしょう。

安定した販売を続けるフィット。日産の営業マンは昔から、トヨタよりもホンダとぶつけられると「負けられない」と本気を出すので、必ず相見積もりをとります。

⇒ フィットの値引き情報

 

マツダ2も伏兵として効果的!

マツダデミオの目標値引き情報

クリーンディーゼルエンジン搭載で、他社のライバル車とは違った切り口での低燃費を実現しているマツダ2もノートのライバル車だといえます。

ハイブリッドとは異なる低燃費システムを持つ両者は、比較対象として十分でしょう。

マツダのディーラーは徹底して値下げ交渉に応じない方針をとっているので、クリーンディーゼル車購入の補助金や助成金制度、マツダの残クレ『マツダスカイプラン』などを含めたトータルコストを割り出して値引き交渉の材料にしましょう。

⇒ 新型マツダ2の目標値引き情報

 

【ディーラー同士の競合で値引きアップ】別会社の日産ディーラー同士で競合させる

出典:日産公式HP

例えば東京都の日産ディーラーを例にみると、下記のようにいくつかの日産車の販売会社があります。

  1. 東京日産自動車販売株式会社
  2. 日産自動車販売株式会社
  3. 日産プリンス東京販売株式会社
  4. 日産プリンス西東京販売株式会社

同じ「日産」を掲げている販売店ですが、それぞれは別の会社であり、むしろライバル店とも言えます。

日産ノート購入の際には、これら日産ディーラー同士を競合させることで、値引き交渉が有利に進められます。

もしも自分の暮らす街に日産ディーラーが複数見当たらないときは、隣の都道府県に目を向けるとよいでしょう。

 

<strong>楽天ポイントをためている方</strong> 楽天ポイントをためている方
楽天ポイントをためている人は、車の査定だけで楽天ポイントを獲得できるこちらのサービスも検討します。

車査定で楽天ポイントもゲット


⇒楽天の愛車無料査定で実際の査定額をチェック

 

面倒でも商談前には車の査定額を出しておく

新車値引きマスター
下取り車の査定額がわかっていないと、新車の値引き交渉が失敗してしまいます! 面倒くさくても商談の前に、絶対にネットで下取り車の査定価格を調べておきましょう!

商談での一コマ

営業マン
佐藤さん、お車の査定が完了しました
営業マン
佐藤さんの愛車の下取り査定額は54万円です 今キャンペーン中で通常よりも5万円査定アップで下取りますよ。
佐藤さん夫
54万円・・・。 なるほど・・・
佐藤さん妻
ちょとあんた、何をぼっとしてるの‼ 査定54万円って、高いの?安いの?どっちよ
佐藤さん夫
高いのか、安いのかよくわからんぞ! やっぱ、商談前に下取り車の査定はすべきだった・・・・
新車値引きマスター
かなり古い車でも必ず査定額は出ます。 「修理を何回もしているし」と自分で勝手にあきらめないで、 商談前に査定額をチェックし頭に入れておきましょう。

 

 

こちらも人気記事

⇒【完全版】元ディーラー営業マンが教える新車値引きテクニック

 

-ノート

Copyright© くるま情報プレミアム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.